トナミ運輸株式会社

ニュース一覧

Home > ニュース一覧 > JTB S/Jリーグ2019 4年連続10回目のリーグ制覇 !!

19.12.24

JTB S/Jリーグ2019 4年連続10回目のリーグ制覇 !!

11月2日(土)、札幌大会からスタートしたS/Jリーグ2019は、Sリーグ首位(4戦全勝)でトップ4トーナメント高岡大会を迎えました。

ONE TEAM TONAMI

news2019122401.jpg


準決勝ではJリーグ2位の日本ユニシスとのライバル対決となりました。第1ダブルスを接戦の末落とし、後の無い状況からシングルスの西本拳太選手、第2ダブルスの園田啓悟・保木卓朗ペアともに気迫のこもったプレーで熱戦を制し、トータル2-1で勝利し決勝に駒を進めました。
 

news2019122402.jpg


決勝では昨年同様NTT東日本との対戦となりました。急造ペア(保木卓朗・常山幹太ペア)で臨んだ第1ダブルスは、普段シングルスをメインとする常山選手がダブルスでも高い潜在能力を発揮、保木選手の巧みなゲームメイクと上手く噛み合い、ストレートで勝利。

常山幹太 選手(奥)、保木卓朗 選手(手前)

news2019122406.jpg


王手をかけ迎えた第1シングルス西本選手は、桃田選手の切れ味鋭いショットを粘り強く拾い接戦に持ち込んだものの惜しくもファイナルゲームで敗退し、勝負は第2ダブルスに委ねられました。

西本拳太 選手

news2019122407.jpg


ここで登場したエースソノカムペアは、園田選手の連戦による疲労・嘉村選手の右肩負傷とまさに満身創痍、しかし二人はチームTONAMIのプライドにかけ負けるわけにはいかなかった。気力を振絞り相手ペアの猛攻に耐え接戦をものにし、見事チームの4連覇を決めました。

嘉村健士 選手

news2019122408.jpg


園田啓悟 選手

news2019122409.jpg


今リーグ出場したメンバーは、チームTONAMIのプライドを持ち、凜とした姿勢で堂々とコートに立ち続けました。またサポートメンバーは、献身的なサポートとともに声がかれるまで全力で応援し続けました。新人からベテランまですべての選手たちが一体となり闘う、まさに「ONE TEAM」を体現し勝ち取った4連覇であったといっても過言ではありません。


ONE TEAM TONAMInews2019122405.jpg


☆荒木純監督のコメント☆
札幌・大和・草加・高岡大会各会場で、応援をいただき誠にありがとうございました。ことに高岡大会のTOP4では、トナミ運輸㈱本社の皆様・オールトナミグループ・富山県・高岡市の皆様からなる大応援団を結成し、盛大な応援が選手達の力になりました。
皆様方からの応援が4連覇達成の原動力です。心より感謝御礼申し上げます。

そして、今まさに戦国時代になってきたチーム戦で4連覇を成し遂げた選手達にも感謝しています。この結果に奢ることなく、感謝の気持ちを胸に、更に精進を重ね、国内・海外での試合に全力でチャレンジしていきたいと思います。
今後とも、チームTONAMIへの変わらぬご声援を賜りますようよろしく御願い申し上げます。
 

news2019122404.jpg


上段:金子真大 選手、保木卓朗 選手、小林優吾 選手、嘉村健士 選手、西本拳太 選手、仁平菜月 選手、大堀彩 選手
下段:園田啓悟 選手、
権藤公平 選手、常山幹太 選手、久保田友之祐 選手、高橋洸士 選手

news2019122410.jpg

 

< 一覧へ戻る