トナミ運輸株式会社

チームについて

Home > チームについて

トナミ運輸 バドミントン部

about_img02.jpg
トナミ運輸㈱バドミントン部は、平成2年2月14日に創部され、四半世紀の歴史を刻んでまいりました。「国内トップチーム・選手育成、トナミグループの企業イメージの向上と活性化」を目的として活動しています。
平成8年の全日本実業団選手権大会初優勝を契機に、国内大会では常時優勝を狙えるチームへと成長を遂げることができました。オリンピック出場選手を輩出し、トマス杯初優勝にも大きく貢献しました。
これからも、各種大会や地域貢献活動に一生懸命取り組み、日頃から御支援・御声援下さる皆様に感謝の気持ちを忘れず、更なる精進を重ねてまいります。 
 
 

チーム概要

 

 所属選手 10名
 スタッフ 7名
 所在地 〒933-8566 富山県高岡市昭和町3丁目2番12号
 オーナー 綿貫勝介
 
 

チーム成績

 

 全日本実業団大会 平成8・12・15・16・19・21・22・23・27・28年優勝
  (優勝10回・準優勝4回・3位10回)
 S/Jリーグ
 (旧 日本リーグ)
 平成13・14・15・16・23・24・28年優勝
  (優勝7回・準優勝10回・3位6回)
 国民体育大会 成年男子(トナミ運輸チーム)として出場し優勝10回
  平成8・10・12・13・14・16・17・18・20・25・28年優勝
  (優勝11回・準優勝4回)
全日本社会人大会 男子シングルス  平成9・11・22・23年優勝
 男子ダブルス  平成13・14・17・19・24・25・27年優勝
 混合ダブルス  平成11・12・13・14・16・17・20・27年優勝
全日本総合大会 男子シングルス  平成13・14・19・26年優勝
 男子ダブルス  平成14・15・16・21・22・23・27・28年優勝
 混合ダブルス  平成7・8・12・13・14・15・16・17・18・19・20・21・22・24年優勝
 
 
 

チームの歴史 

 

 平成2年 創部
 平成4年 バルセロナオリンピック、男子シングルスに本山 秀昭が出場。
 平成7年 全日本総合大会
  混合ダブルス優勝 気谷・佐々木(三協アルミ)
 平成8年 全日本実業団選手権大会 初優勝
 国民体育大会 初優勝
 全日本総合大会
  混合ダブルス優勝 今井・松田(三協アルミ)
 平成9年 全日本社会人大会
  男子ダブルス優勝 今井・大山
 平成10年 国民体育大会 優勝
 平成11年 全日本社会人大会
 男子シングルス優勝 谷内
 混合ダブルス優勝 今井・吉富(NEC九州)
 平成12年 全日本実業団選手権大会 優勝
 国民体育大会 優勝
 全日本社会人大会
  混合ダブルス優勝 今井・中山(三洋電機)
 全日本総合大会
  混合ダブルス優勝 今井・中山(三洋電機)
 平成13年 日本リーグ 初優勝
 国民体育大会 優勝
 全日本社会人大会 
  男子ダブルス優勝 舛田・大束 初優勝
  混合ダブルス優勝 今井・中山(三洋電機)
 全日本総合大会
  男子シングルス優勝 舛田圭太4連覇
  混合ダブルス優勝 今井・中山(三洋電機)2連覇
 平成14年<国内チーム戦制覇>
  日本リーグ 優勝
  国民体育大会 優勝
 全日本社会人大会
  男子ダブルス優勝 舛田・大束 2連覇
  混合ダブルス優勝 大束・山本(ヨネックス)初優勝
 全日本総合大会
  男子シングルス優勝 舛田圭太5連覇
  男子ダブルス優勝 舛田・大束3回目
  混合ダブルス優勝 大束・山本(ヨネックス)
 平成15年<国内チーム戦制覇>
  日本リーグ 優勝
  全日本実業団選手権大会 優勝
全日本総合大会
  男子ダブルス優勝 舛田・大束2年連続4回目
  混合ダブルス優勝 大束・山本(ヨネックス)2連覇
 平成16年<国内団体戦で完全制覇>
  ● 全日本実業団選手権大会 優勝
  ●日本リーグ 優勝
  ● 国民体育大会 優勝
 全日本社会人大会
  混合ダブルス優勝 大束・山本(ヨネックス)2回目
全日本総合大会
  男子ダブルス優勝 舛田・大束3年連続5回目
  混合ダブルス優勝 大束・山本(ヨネックス)3連覇
 アテネオリンピック、男子ダブルスに舛田 圭太・大束 忠司、 
 混合ダブルスに大束 忠司・山本 静香(ヨネックス)が出場。
 平成17年 国民体育大会 優勝
 全日本社会人大会
  男子ダブルス優勝 舛田・大束 3回目
  混合ダブルス優勝 舛田・前田(NEC九州)初優勝
 全日本総合大会
  混合ダブルス優勝 舛田・前田(NEC九州)初優勝
 平成18年 国民体育大会 優勝
 全日本総合大会 
  混合ダブルス優勝 舛田・前田(NEC九州)2連覇
 平成19年 全日本実業団選手権大会 優勝
 全日本社会人大会
  男子ダブルス優勝 米・平田 初優勝
 全日本総合大会
  男子シングルス優勝 佐々木
  混合ダブルス優勝 舛田・前田(NEC九州)3連覇
 平成20年 国民体育大会 優勝
 全日本社会人大会
  混合ダブルス優勝 舛田・前田(NEC九州)初優勝
 全日本総合大会
  混合ダブルス優勝 舛田・前田(NEC九州)4連覇
 北京オリンピック、男子ダブルスに舛田 圭太・大束 忠司が出場。
  5位入賞(男子ダブルス初)
 平成21年 全日本実業団選手権大会 優勝
 全日本総合大会
  男子ダブルス優勝 平田・橋本初優勝
  混合ダブルス優勝 平田・前田(NEC九州)初優勝
 平成22年 全日本実業団選手権大会 優勝
 全日本社会人大会
  男子シングルス優勝 佐々木
 全日本総合大会
  男子ダブルス優勝 平田・橋本2連覇
  混合ダブルス優勝 平田・前田(NEC九州)2連覇
 平成23年 <国内チーム戦制覇>
  日本リーグ 優勝
  全日本実業団選手権大会 優勝
 全日本社会人大会
  男子シングルス優勝 古財
 全日本総合大会
  男子ダブルス優勝 平田・橋本3連覇
 平成24年 <国内チーム戦制覇>
  日本リーグ 優勝
  全日本実業団選手権大会 優勝
 全日本社会人大会
  男子ダブルス優勝 園田・嘉村 初優勝
 全日本総合大会
  混合ダブルス優勝 嘉村・米元(パナソニック)初優勝
 ロンドンオリンピック、佐々木翔が男子シングルスに出場。
 5位入賞(男子シングルス初)
 平成25年 国民体育大会 優勝
 全日本社会人大会
  男子ダブルス優勝 平田・橋本 初優勝
 平成26年 全日本総合大会
  男子シングルス優勝 佐々木2回目
 平成27年 全日本実業団選手権大会 優勝
 全日本社会人大会
  男子ダブルス優勝 保木・小林 初優勝
  混合ダブルス優勝 園田・福万(再春館)初優勝
 全日本総合大会
  男子ダブルス優勝 園田・嘉村初優勝
 平成28年<国内団体戦で完全制覇> 
  全日本実業団選手権大会 優勝
  S/Jリーグ 優勝
  国民体育大会 優勝
  全日本総合大会
  男子ダブルス優勝 園田・嘉村 2連覇
  混合ダブルス優勝 嘉村・米元(北都銀行) 優勝
 リオデジャネイロオリンピック、佐々木翔が男子シングルスで出場。
 
 

リンク

 

 バドミントン協会  富山県バドミントン協会
 ● 日本バドミントン協会 
 バドミントンチーム  日本ユニシスバドミントンチーム

  

bt_img03.jpg

 

チームについて